音楽も教えています・・・

音楽理論(Music Theory)

Music theory - 音楽理論は決まった論理に従って解いていくという点で、数学に似ています。 

この論理は何世紀も前の音楽家たちが、美しい音楽はなぜ美しく聞こえるのだろうか?と、自分の耳で美しいと感じた音楽を研究し、見つけたルールを系統だってまとめたもです。 ですから、音作りというのはまずセオリーありきというより、最終的にはそこから離れて、自分の感性に従うものなのでしょう。 といっても、セオリーを知っていることは便利ですし、音作りの近道には違いありません。

趣味でポップスやロックを演奏している方から、本格的にクラシック音楽を学んでいる方まで、ご希望に添う学習スタイルをご提供します。(例: 楽譜を読む、コードやキーを理解する、ハーモニー(和声)を学ぶ等)

また、聴音(イヤー・トレーニング)をご希望の方にも指導いたします。

  料金・時間設定

ヴォイス・トレーニング

英語で、ポップスやR&Bなどのポピュラー音楽を歌いたい人向けの発声・トレーニングです。クラシックをやっていたけど、もっと違うジャンルの音楽も歌えるようになりたい、すぐ声が裏返ってしまう、R&Bシンガーの様にパワフルに歌いたい、音域・声量を増やしたい、英語のフレーズが格好よくはまるようになりたい、そんな方たちにぴったりのクラスです。

 

  料金・時間設定

アカペラで歌うブラック・ミュージック(グループ)

アカペラ(楽器伴奏なし)で、ゴスペル、ジャズ、黒人霊歌、アフリカン・ソングなどを歌ってみませんか?

私はアメリカの教会で8年間、国際教養大学で7年間ゴスペル・クワイヤーを教えてきました。 バンドと一緒に迫力満点のサウンドを作るのも楽しいですが、声だけでハーモニーを奏で複雑なリズムを刻んでいくアカペラにも、職人技を追求するような特有の魅力があります。 このコースでは、少しクラシカルな声を使う、spirituals (黒人霊歌)、ピュアなストレートトーンで歌うジャズ、ヘッドヴォイスでシャウトするゴスペルなど、様々な音楽スタイル・ボーカルテクニックを学んでいきます。

興味のある方はご連絡ください。

料金・時間設定

音楽留学を考えている方に・・・

アメリカに音楽留学をしたい、とお考えの方には大学の選定や学生生活、授業内容について、アドヴァイスいたします。 入学の際に行われる、セオリーや西洋音楽史のplacement test の指導もいたします。 ご連絡ください。

料金・時間設定